So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ASD者は人の悪意を理解できない、から考えたこと。 [ASDの哲学]

ASDの人は、他人の悪意を理解しにくく、詐欺などにあいやすいという。
私の場合、他人の悪意を理解しているか?といわれると、おそらく、他人の悪意でなされたことでも、悪意ではなかったのではないかという推測が先に立つ。例えば相手が嘘をついていても勘違いしたのだろうとか知らなかったのだろうなどと感じるし、変な態度を取られたとしても、この人は礼儀作法を知らないか、出来ない何らかの理由(障害とか)があるのだろう、と感じる。ということを書いていると一つ、思い出したことがある。

これは子供の時のことなのだが、他の子が悪意でわざと変な態度をしたのに、あの子は正しい態度が分からないからこうしているのだと思い込むということが結構あった。親や先生から見てそれは「いじめ」であるのに、自分も悪気なく変な態度をしているらしくそれで怒られることもあったので、相手もそういう子なのだろうと思ってそれを先生や親に熱弁したりもした。
その結果不思議なことに(?)、相手の子の感情を逆なですることも結構あったりした。余談だが、悪意で変なことをしたと言われるよりも、この人は「正しいことが出来ない人」だから変なことをするのだと言われる方が腹が立つというのは、ASDの視点から見ると不思議なことだと思うのだがどうだろうか。逆は分かる。悪気がないのに悪気があるように思われるのは嫌だというのは分かる。というかこっちは、無視しているわけではなく聞こえていないとか、適切な態度をしていないのに気づいていないとかからくる、ASDあるあるなのだが。

大きくなると、そういう、私に嫌なことをする「悪い子たち」に対してその真意を忖度しようとすることはなくなった。全く考え方が違う、心が通じないものだと気づいたからである。少年犯罪などで「心の闇」が取り沙汰されるのも、要は相手を理解できないが怖いからなんとか理解しようとするのだろうが、悪口を言う子も意地悪する子も「心が闇で出来ている変な存在」であった。

このことに限らず、私はむしろ子供の時の方がたくさん、人の気持ちを考えてきた。何かしなさいと言われた時に、そんなことをしたら相手が変に思うんじゃないか、などと、大人に訴えた記憶は数多い。だが、自分の気持ちを外挿するとまぁ当たらない。まぁ怒られる。「相手がこう言うんだからこう思っているんだろう、納得できないけど」と他人の気持ちは文章読解の問題になる。言葉に出さずに察してほしいタイプの人が相手だと、もはや人の気持ちを当てるのは暗記科目か神経衰弱かという状態になる。

大人になって、ASDの特徴などの本を読むと、「ASDの人はこう考える」「定型の人はこう考える」という知識がつくので、自分が察した相手の気持ちが合っているかどうか大体確かめることができる。本でもwebでも山ほどあるし、全く、いい時代になったものだ。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。